悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

弁護士に依頼する交通事故の慰謝料相談と相場

高いのか、安いのか提示された交通事故の慰謝料を見て、すぐに判断できない場合も多いでしょう。専門的な知識が必要になってきます。

そこで、慰謝料やその相場について気になる場合や慰謝料相談をしたい時には、弁護士の元を訪れましょう。

弁護士に交通事故の慰謝料相談をお願いすると、いろんな事を教えてくれる事でしょう。気になる事や問題点などがあれば気軽に質問するといいでしょう。

頑張れば自分達だけで何とかなるだろうと考える人もいるかもしれませんが、後になって後悔したりする事を避けるためにも、法律家に仲介してもらい、きちんと処理を行っておくのもいいでしょう。早期解決を目指しましょう。

交通事故慰謝料での逸失利益とは?

交通事故慰謝料は、治療費用、入院雑費、休業損害、入通院慰謝料そして後遺障害慰謝料(死亡慰謝料)で構成されています。

実質的な損害と精神的な損害を含めてのものになりますが、逸失利益というのは、交通事故慰謝料の内の後遺障害慰謝料の項目で補います。

具体的には後遺症のために労働能力が低下し、事故前と同じような仕事ができなくなって、収入が減少してしまうということを補うものとなっています。つまり、事故に遭わなければ本来得られた利益を事故によって一部あるいは全部失ったものを賠償するというもので、計算式としては、基礎収入額x労働能力喪失率x労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数となっています。

交通事故の加害者の責任と慰謝料や損害賠償

交通事故の加害者の責任の大きさについては、素人が理解しにくいところがありますが、納得のゆくまで担当の弁護士や司法書士などに相談をすることで、適切な被害者への対応の仕方を把握することができます。

現在のところ、交通事故の慰謝料や損害賠償の費用の相場について、数々のメディアで分かりやすく説明が行われることがあるため、空き時間を使いながら、常に便利な知識を得ることが良いでしょう。 そして、交通事故の加害者の責任の割合を理解するにあたり、より多くの実績のある法律事務所のスタッフと打ち合わせをすることが望ましいといえます。

後から気付く頭痛の原因と交通事故慰謝料

最近は高齢者のドライバーによるアクセルとブレーキの踏み間違いや車線間違いによる追突や接触事故のニュースが絶えません。交通事故の原因はこれだけではありませんが、年々減少しているとはいえ、まだまだ多いのが現状です。

思わぬところから発生するのが交通事故です。かすり傷程度で済めば不幸中の幸いです。また、骨折や外傷があれば処置の判断も的確にできる可能性がありますが、頸椎や神経を痛めている場合、数日後に症状が出ることがあります。

例えば頭痛。普段から偏頭痛持ちであったりすると余計にわかりににくく、仮に交通事故が原因だったとしてもそのままやり過ごすことがあります。こういった場合、症状が長引くことも考えられ長期の通院で医療費が高額になることもあります。

その時に必要なのが交通事故慰謝料。運悪く事故にあってしまった場合は、たとえ軽い事故と感じても警察や保険会社に連絡することが大事です。後日症状が出た場合でも交通事故慰謝料として請求できる可能性が高くなります。

慰謝料請求を交通事故相談所に依頼する費用とは

慰謝料や、賠償金について交通事故相談所にすると、一体いくらくらい費用がかかるのかが気になる所ですよね。やはり請求する金額よりも、依頼にかかる費用の方が多ければ頼む気がなくなってしまいますよね。弁護士に依頼をかける際にはまず着手金というものがかかります。

こちらは1件につきいくらと提示されるもので、契約金と考えておくとわかりやすいです。こちらは依頼内容が上手くいっても、いかなくても支払う必要があるものです。しかし分割に対応してくれたり、クレジット払いができたりするため、相談してみるといいでしょう。交渉が上手くいった際には慰謝料の何パーセントといった形で提示されることが多いようです。

交通事故慰謝料の内容について

思いがけずに交通事故に遭ってしまった場合に、交通事故慰謝料の相場や方法などについて、疑問が多くあるかと思います。交通事故で負傷してしまった箇所や、精神的に苦痛となっていることに対しても支払いが必須となる慰謝料ですが、この支払いの基準には大きく3つに分けられることができます。

その基準となるのが、弁護士基準や保険会社基準、任意保険基準となります。どの基準を採用するかによって、交通事故慰謝料の金額が大きく異なってきます。弁護士基準は裁判所基準と同等のものになり、高い基準での慰謝料を受け取ることが可能になります。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故の相談に関する記事