悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

相続手続きに向けた遺言書作成

お金持ちではないのできっと遺された家族が相続手続きを上手くやってくれるだろう、と考えている人はいませんか。それではやはり不安な部分もあり、もしもの時には取り返しがつかない事もあるので遺言書作成を行っておきたいですね。

相続手続きに向けた遺言書作成を手っ取り早く行いたいなら、自筆で行うのもいいでしょう。また、金額が大きな相続手続きに向けた遺言書作成の場合には、やはり自筆以外の方法できちんと行っておいた方がいいかもしれませんね。

ちょっとした金額のために遺言書作成を行うのは面倒ですが、相続手続きで揉める事を考えると、ぜひ済ませる様にしたいですね。自分の遺産の相続手続き対策として、遺言書作成は済ませましたか。

公証人に遺言書作成を依頼する

遺言書作成には、自筆遺言、公正証書遺言、秘密遺言があります。

そのうち公証証書遺言は、依頼者が公証人に相続内容を相談しながら遺言書作成をするもので、相続人に遺言書を届ける確実な方法です。公正証書遺言は原本が公証役場で保管されますので、遺言書の難点である紛失や改ざん、破棄などの心配が無くなり、家庭裁判所での検認も必要ありません。ただし、自筆遺言や秘密遺言と比べて作成に掛かる費用が高いというデメリットがあります。

公証役場の手数料は、遺言書に記載される金額や証人の有無によって異なり、少なくても数万円、高額であれば十万円を超える手数料が必要となります。

遺言書作成における自筆証書遺言とは

遺言書作成の方式の中で、費用がかからず手続が一番簡単な方式が自筆証書遺言です。遺言したい人、つまり、遺言者が、遺言の全文、日付、氏名を自分で記載して、押印して作成します。筆記具と紙さえあればいつでも作成できる遺言書作成の方法です。遺言書作成についての証人も不要です。人に見せる必要も教える必要もありません。

しかし、内容についての確認を受けないので、すので、遺言内容を他人に秘密にしておけるというメリットもあります。しかし、紛失や偽造、隠匿などをされる可能性がありますし、そもそも、遺言書を作成したことを、どのような方法で遺族に知らせるかという問題があります。

さらに、専門家による遺言書内容のチェックがなされていないので、日付の記載や内容が明確さ、加筆訂正の方法、遺言執行者の指定などの法的要件不備のために、相続開始後に無効となる危険性があります。

遺言書作成で想いを形に残す

多くの人は、遺族への想いを伝えないままになりますが、遺言書作成をすると、感謝の気持ちなどを形にすることができます。遺産のことも記載する場合が多いため、遺言書作成は、司法書士に依頼するとスムーズです。

残された人々にとって、不備のある遺言書は処理が大変です。そのため、その道のプロフェッショナルに依頼して、間違いのないようにすると、自分の亡き後もスムーズになります。お世話になった人や大切な人へは、亡き後も苦労を掛けずにいたいものですし、お礼の言葉などを残すのもいいことと考え、その重要性を感じる人も増えています。

遺言書作成を問題なく行うために

遺言書という言葉はよく耳にするものの、遺言書作成を行うことによってどのような効果が発揮されるのかについては、詳しく知る機会が少ない方もいることでしょう。遺言書はいくつかの種類があり、使用頻度が多い自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言は、それぞれに特徴があります。

遺言書を作成する際には、証人などが必要となる場合も多く、専門的な知識のもとで正しい遺言書を作成したいものです。大阪などの都市には弁護士や行政書士といった専門家も多く、関連事務所などでは無料相談も行われています。トラブルの無い遺産相続を期待したいものです。

遺言書作成はサポートが欲しい

支えてくれる人がいないと、理想的な遺言書は作成できないものです。意外と作ってみると、全然違うような文章が作られて、これじゃないと思うことが多いかもしれません。遺言書作成では、サポートしてくれる人の存在がかなり重要になります。

支えてもらって、理想的な内容にすることが大事になっているからです。残されるものは、それだけ必要な情報を書かないと駄目ですし、明確でわかりやすいものが望まれます。回りくどい文章は駄目ですから、見てもらいながら駄目なところを指摘し、修正できるようにします。もちろん作り方の作法も教えてもらえるのです。

相続手続きに関する記事