悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

遺言書作成をしっかりとおこなう

遺言書作成をしっかりとおこなう事は、多くの人がおこなってきたことでありますので、そのような事は可能でしょう。しかしながら、最初理解することが必要になりますので、はじめての段階においては誰か専門家のサポートを得られることでより良い遺言書を作成することができるでしょう。

遺言書についてはライフスタイルが多様化していく現代においては、必要不可欠なものになっていますので、しっかりと作成できるようになるといいですね。自分の財産や家族と向き合うこととなりますので、かけがえのない時間であることが言えるでしょう。

遺言書作成した後は保管場所に注意

現在、シニア世代に特に浸透しているのが「終活」です。中には、セミナーなどを行っている企業もあったりと、終活に関心を持つ人が多くなってきています。亡くなってから、葬式やお通夜など費用の心配もありますが、生前に行える遺言書作成も欠かせない一つとなっています。

遺言書を作成するには、直筆で書く場合と弁護士や司法書士などの専門家に依頼するほかに、公正役場に依頼して作成してもらう方法があります。公正役場に依頼するのであれば保管場所に困りませんが、直筆や専門家に依頼するのなら自分で保管することになるので、紛失させないように注意しましょう。

失敗しない遺言書作成

遺言書作成には幾何種類かの方式があります。最も手軽に書けるのは自筆証書遺言です。遺言者が全文を、パソコンなどを使わずに、自筆で書かなければなりません。必ず、日付、氏名を自書し、印を押さなければいけません。

費用もかからず、紙とペンだけあればいつでも書く事ができます。しかし、遺言書を見つけた遺族は、家庭裁判所の検認を受け、遺言書が有効かどうか判断してもらう必要があります。検認がないままに遺言内容を実行した場合は、5万円以下の罰金が科せられます。金融機関も手続きを行ってくれないところが多いです。不安な事があれば弁護士に相談するのが賢明です。

遺言書作成にはルールがあります

遺言書作成には法律によって定められているルールがあります。名前を全て自筆で書かないといけない、日付を記入することなど、細かく設定されています。これらのルールを1つでも守られていない場合は、せっかく作成した遺言書が無効になってしまうこともあります。

せっかく書いたのに無効になっては、意味がないので遺言書作成をした場合は、弁護士に相談をしてください。弁護士であれば、細かなルールまで把握することが出来ているので、抜けなどが無く遺言書としてきっちりと機能を果たすことが出来ます。弁護士であれば、どうしたら伝わりやすいかなどアドバイスもしてくれます。

遺産分割協議、遺留分、遺言書作成など相続手続き

弁護士たちばな総合法律事務所

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【公式】

相続手続きに関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5