悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

示談交渉を頼みたい交通事故弁護士

事故発生から解決まで一連の流れについて交通事故弁護士はサポートしてくれますが、特に示談交渉を交通事故弁護士にお願いしたいという人もいるみたいですね。

交通事故弁護士は、示談交渉において多いに力を発揮してくれる事でしょう。やはり自分一人で行うのと交通事故弁護士がいてくれるのとでは大きな違いが出てくる事が予想されます。

示談交渉をしたいけれど、思う様に進まず困っているという時には、交通事故弁護士を見つけてコンタクトを取る様にしたいですね。きっとプロが間に入ってくれる事で、良い方向に向かうのではないかと思います。事故が発生した際には、頼れる法律家がいるという事を覚えておきたいですね。

交通事故弁護士は妥当な提示額で示談交渉をする

交通事故弁護士を示談交渉の代理人にすることで、依頼者に満足的な額での示談が成立する期待を持つことができます。その訳は、交通事故弁護士は、裁判になったらこのくらいという額を提示額として交渉を行うからです。

もちろん、具体的状況に応じてある程度の譲歩はしますが、不当に安い額での交渉は突っぱねます。もし、自分で交渉をすると、この妥当な額がわからないため、知らないうちに不利な内容で示談に応じてしまう可能性があります。

特に、保険会社と交渉をする場合、相手との知識差によってそうなってしまう恐れがあります。そのため、交通事故弁護士を示談の代理人とすることは、満足的な額での示談を成立させるために必要なことです。

交通事故では保険会社との交渉はせず弁護士に相談を

交通事故の加害者が任意保険に加入していた場合、被害者は保険会社とやり取りすることが多くなりますが、できればそれは避けることが望まれます。保険会社と接触する前に、弁護士に相談し、できれば弁護士に依頼して受任通知を出してもらうことです。

これで交通事故の被害者が、不利な状況に陥る心配はなくなります。被害者は右も左もわからず、個人で交渉しているうちに不利な状況に追い込まれていくのが普通ですので、それを避けるためには、専門家の力に頼ることです。専門家が入ると、スムーズに示談交渉も進み、妥当な補償が得られやすくなります。

裁判になったら交通事故弁護士に依頼しましょう。

交通事故に遭い、保険会社との示談交渉がまとまらない場合は最終的には訴訟を起こし裁判で解決をみることになります。交通事故関連では、交通事故弁護士に依頼するのが安心で、一般的に主に書面で行われ出頭回数も少ないのが特徴です。

裁判は約7割が和解しており、その場合の期間は約半年程度となります。任意保険の弁護士特約に加入している場合はその制度を利用して交通事故弁護士に依頼するのがよいでしょう。限度額は300万円にほとんどが設定されており、ちょっとした交通事故の賠償問題であればまかなえる金額です。訴訟に係る費用、仲裁、和解調停などにようする経費や権利行使などの手続きに要する費用が充当されます。

むちうちに特化した交通事故 弁護士の役目とは

交通事故が原因でおこるむちうちは、損害賠償をうける上でとても厄介な症状です。多くは自覚症状のみで、レントゲン画像で証明できるものではないため、認定すらうけてもらえないケースがあります。

軽度な脛椎の捻挫であれば、3週間程度で完治できるものもありますが、症状の中には、視覚や聴覚、麻痺や記憶障害など脳機能障害といった重症化したものまで含まれます。湿布と鎮痛剤で済むようなものではなく、生涯向き合わなければならないものさえあります。このような場合力になるのが、むちうち損害賠償を得意とした交通事故 弁護士の相談です。

交通事故の後遺障害が残り交通事故 弁護士に相談する際は

交通事故の被害者となると、ケガだけでなく精神的苦痛にも慰謝料を請求することができます。特に後遺障害が残った場合は、途中で保険会社からの保険料支給がストップした後に発覚しては保険料を取り戻せません。

事故直後には、レントゲンやMRIといった画像を残しておき、安易に通院をやめないことが大切です。交通事故 弁護士に相談すると、保険会社との煩雑な交渉から逃れられます。保険会社とのやり取りで精神的苦痛が増したら、元も子もありませんから、弁護士に相談するのがおすすめです。実績があり料金体系がはっきりしていて、説明も分かりやすい弁護士を選ぶことが大切です。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故の相談に関する記事