悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

二次感染者のB型肝炎訴訟

昭和23年から法律に基づいた集団予防接種により注射針の使いまわしでB型肝炎にかかった方による国に損害賠償を求めて集団で訴訟したのがB型肝炎訴訟です。このB型肝炎ウイルスは、体内に有する方の血液・体液が粘膜に付着することによって感染します。

例えば、感染者の母親が出産の際に子供にウイルスが付着して感染することがあります。また日常生活では、輸血、注射針を使いまわした予防接種や覚せい剤・刺青といった経路、性行為などが経路です。唾液などの飛沫では写らないですが、そこに血液が混じっていた場合には感染する危険性があるので、鼻血や傷の手当は注意が必要です。

B型肝炎訴訟の和解期間を縮めるには

B型肝炎訴訟で和解成立までの期間が一般的には6か月から1年くらいといわれています。しかし、原告者数が増加傾向にありますので、1年以上かかってしまうこともあります。また提出した書類に不備があった場合には、再審査の期間が必要となりますので、4か月くらい伸びてしまいます。

期間を少しでも早めるためには、証拠書類をしっかりと集めることです。全ての書類を集めることが難しい場合が多いので、弁護士と相談をして代替え書類を提出することが出来ます。弁護士としっかりと相談をして書類作成を入念にすることで期間を短くすることが出来ます。

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼する費用について

B型肝炎訴訟は別に弁護士などに絶対に依頼しなければならないという訴訟ではないのですが、訴訟という言葉だけで「素人には難しいのではないか」と感じてしまう人も多いと思います。実際に全て一人で行っていくためには様々な書類を集めたり、様々な手続きをしなければならないので面倒ではあるのです。

そこで弁護士に依頼した時に気になる項目の一つである費用についてみていきましょう。昔は一律で費用が決まっていたのですが2004年からそれぞれの事務所で決めていいことになりましたので費用の相場は法律事務所によって異なっています。

B型肝炎訴訟をすることで給付金を受け取れます

B型肝炎訴訟を起こすことによって、給付金を受け取ることが出来ます。給付金を受け取ることが出来るまでの期間は、半年から1年くらいが一般的ですが、提出書類に不備があった場合などは、再審査期間が必要となりますので、4か月くらい給付金を受け取るまでに伸びてしまいます。

時間短縮するには、証拠書類をしっかりと集めて、提出することです。全ての書類を集めるのは難しいので、代替え書類で良い場合もありますので、弁護士と密に連絡を取るようにしてください。弁護士をうまく利用することで、給付金を少しでも早く受け取ることが出来るようになります。

弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪市北区梅田3丁目1番3号 ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1 京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

B型肝炎訴訟に関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5