悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

相続問題を相談する

相続の問題は、法的な内容が絡んでくるため、遺言書などの作成について弁護士に依頼することをお勧めします。

せっかく、遺言書を書いても、場合によっては法的に効力が無くなってしまう場合があります。自身の意思により、書いた遺言書が法的に効力がないために、自分死後家族が争う結果となるのは辛いのではないでしょうか?

また、残された遺族の相続問題についても、依頼することが可能です。
相続については、法的な知識などが必要なため、弁護士に相談することをお勧めします。

事業を効率的に進める相続と継承の方法

事業を行っている人にとって相続は事業を存続させるという観点で非常に重要なものです。そのため多くの場合には生前にその事業継承の方法を決めて然るべき人にその意思を伝達しておくことが非常に重要な事となります。これは急に事業を継承することになってもなかなかスムーズにそれまでの事業を維持することは難しいためです。

しかし、遺産相続の観点からすると特定の親族に事業を渡すことになり不公平感が生じトラブルを招くことにもなりかねないものです。その為、事業を特定の誰かに引き継ぐ際にはその財産の分配方法について不公平の無いように事前に弁護士などの専門家に相談することが大切です。

相続税の対象となるもの・ならないもの

日本の法律では、亡くなった方の遺産は土地やマンションなどの不動産・現金・預貯金・株式などのプラスの財産だけでなく、借金・税金・債務などのマイナスの財産についても、全て相続人が引き継ぐということになっています。

こうした遺産には相続税がかかりますが、一部対象とならない財産があります。具体的には墓地・墓石・仏壇・神棚といったもの、受け取った生命保険金のうちの一定額、受け取った退職金のうちの一定額などです。

実際にはより細かく規定されており、何が遺産となって、何が遺産とならないのかを正確に理解することは難しいので、遺産相続について迷ったら弁護士や司法書士に相談するといいでしょう。

相続相談の料金は弁護士事務所によって様々

高齢者の割合が高くなっていることを考えると、これから親が亡くなってしまう方が増加すると思われます。人が亡くなってしまうのは良いことではないですが、80歳まで生きたのであれば寿命を全うしたとポジティブに捉えるべきです。

相続をする際は様々な問題が生じるので相続相談をする方が結構いるはずです。相続相談にかかる料金は弁護士事務所によって変わるので、費用を抑えたいと考えている方は比較して選ぶことをおすすめします。相談だけなら無料というところもあります。大阪には多くの弁護士事務所があるので、料金が安いところを選ぶのも良いと言えます。

相続手続きの締めは相続登記

相続登記は、相続した不動産の名義を相続人に変更する事を言い、相続手続きの中で最後に行う手続きの一つです。この手続きは実は特に期限や罰則というものが定められているわけではない事から、何世代も前の人の名義となっているケースも少なくありません。

しかし、登記をせずに放置した場合、その間に発生した相続で新たな相続人が増加する事になり、手続きが非常に複雑となる為、落ち着いた段階で手続きを行いましょう。なお、相続登記には、被相続人や相続人の戸籍謄本や遺産分割協議書、固定資産税評価証明書などのほか、登録免許税が必要となりますので、漏れる事がないよう準備しましょう。

相続手続きで重要な書類の収集

相続手続きでは、必要となる書類が非常に多く、書類を収集する事自体がとても重要で大変な作業となります。例えば、相続人の調査や相続を放棄する場合は、被相続人や相続人のみならず、被相続人の直系尊属や兄弟姉妹、被相続人より先に死亡した子供の戸籍謄本、除籍謄本、あるいは住民業の除票といった書類が必要となりますし、遺産分割協議では遺言書のほか、相続人や受遺者全員の印鑑証明書、それが未成年である時は特別代理人の選任決定書などが必要となります。

こうした書類の収集は煩雑になるケースが多い為、弁護士や司法書士など職権を持つ専門家に協力して貰った方がスムーズに収集できます。

頼れる弁護士に関する記事