悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

交通事故弁護士への相談は加害者でも可

交通事故の加害者になってしまった場合でも、交通事故弁護士に相談をすることをおすすめします。多くの場合、任意保険に加入しているので保険会社の担当者がかわりに被害者との示談をしてくれます。しかし、任意保険に加入していない場合には直接被害者と示談をしなければならず、トラブルになる可能性もあります。そういった場合には弁護士に相談をしましょう。

また、交通事故の加害者となってしまった場合、適切な対応をしなければなりませんが、どうしたらいいのかわからないという人も多いでしょう。多くの法律事務所では相談だけなら無料で受けてもらえますので、専門家のアドバイスを求めましょう。

交通事故弁護士と共に症状を考える

自身が交通事故に遭ってしまった場合、交通事故弁護士にサポートを依頼するのはできるだけ早期の方が良いとされています。その理由は、明らかに相手の方が悪いのにも関わらず先に交通事故弁護士を付けられてしまうと、被害者側が不利になってしまうのです。

実際に交通事故に遭った時、示談交渉のために相手側から訪れるのは保険会社が用意した交渉人という事になります。保険会社の方と事故による症状などを話し合い解決の折り合いを付けていく事になります。しかし、素人においてはとても手強く有利な条件を引き出すのは困難です。そのため交通事故弁護士の力が必要なのです。

交通事故弁護士と共に症状を考える

交通事故は自分が注意していても、身にふりかかる可能性があります。

もし、交通事故に遭遇した場合は警察に連絡しましょう。怪我などがあれば救急車を呼ぶなど冷静に行動しましょう。車を運転している人は保険会社に加入していることが多いので、保険会社に連絡し対応してもらいましょう。

交通事故は示談交渉することがほとんどです。もし、保険会社からの損害賠償額が少ないなど、示談で納得がいかないことがあれば交通事故弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

きっと交通事故弁護士などの専門家が解決に導いてくれることでしょう。

弁護士費用特約を使って交通事故弁護士に依頼する

交通事故の被害者は、事故直後から弁護士に依頼するのが望まれます。被害者の加入している民間保険に、弁護士費用特約がついている場合は、たいてい300万円まで弁護士費用が出ますので、それを利用して依頼することができます。

交通事故の被害者となったら、民間保険の契約書を確認し、特約がついているかどうか見てみましょう。重傷の場合は、特約が使えなくても、交通事故弁護士に相談するべきです。相談料も着手金も無料としている交通事故弁護士事務所は数多くあります。賠償金が支払われた後に、弁護士費用を支払えばよいので、自己負担することなく依頼できます。

交通事故のむちうち被害で頼りになる交通事故 弁護士とは

むちうちは交通事故で被害者がよく受ける症状のひとつです。車が追突や衝突した衝撃により、首に負担がかかりダメージとなります。正式名称は、脛椎捻挫、脛椎挫傷、外傷性脛部症候群といいます。交通事故慰謝料の損害賠償請求をするには、交通事故 弁護士に相談するといいでしょう。

交通事故慰謝料に精通した弁護士なら、保険会社の提示額より増額できるかもしれません。相談は無料で行ってくれる弁護士もいますので、疑問があるときは、一度、訊ねてみることです。依頼には、説明が分かりやすい、料金体系が明確、頼んでみようと思える弁護士を選ぶことが大切です。

交通事故弁護士への相談が問題解決へ

交通事故弁護士として相談業務だなどが取り扱われている専門機関は、千葉や大阪などの都市圏を中心に、全国で数多く存在しています。弁護士や司法書士などの国家資格を有する専門家が在籍しており、交通事故に関して発生する様々な問題やトラブルを、なるべく最小限に抑えられるよう努められています。

交通事故に遭ってしまった時、保険会社を通じて慰謝料の交渉などが行われますが、提示された金額に対する判断など、どうしても知識が必要な場面もあることでしょう。法的判断や弁護士基準を求める際にも、一人では判断しきれず、頼れる存在です。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故の相談に関する記事