悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

肝炎訴訟

B型肝炎の治療を受けながらB型肝炎訴訟を起こす場合、B型肝炎訴訟の費用や手続きなどわからないことばかりです。

B型肝炎給付金請求ナビでは弁護士が簡易な裁判により給付金請求をいたします。弁護士への費用は着手金なしなので費用の心配はしなくていいんです。

B型肝炎訴訟に係る弁護士費用(給付金額の4%相当額)や感染者確認における検査費用および感染防止のための医療費などが国から一部支給されます。

B型肝炎の訴訟の手引きに関しては、多くの患者の間でも非常に重要なものとして位置付けられており、継続的に治療を進めてゆくためにも、きちんと理解を深めておくことが求められています。

B型肝炎は、再発の可能性が高い疾患のひとつであることから、十分に信頼のできる医師のもとで定期的に治療を受けることがコツとして挙げられます。

また、完治と判断されるまでには、途中で治療を辞めないことが重要とされ、かかりつけ医とのコミュニケーションを欠かさずにとることが望まれています。

これからも、B型肝炎の理想的な治療に取り組む患者の増加が期待されています。

訴訟 肝炎はここ。

B型肝炎の訴訟 和解金と救済措置

B型肝炎による健康被害は、比較的有名な健康被害としてニュースなどでたびたび報道されることが多いと思います。このB型肝炎というと、根本的な抗ウイルス療法が開発されていないので、気の長い援助と忍耐、治療が必要となります。

このB型肝炎の健康被害で問題となっているのは、人為的、もしくは制度、システム上の不慮によって肝炎を患った方がいるという事です。そのため、訴訟を行うことによって和解金を請求したり、場合によってはガイドラインに基づいて厚生労働省からの給付金などの救済措置を受けることができます。

健康に関わることなので、待つだけではなく、アクションを起こすことが重要です。最近では肝炎訴訟に関する弁護士のCMを見かけることも増えてきました。

B型肝炎訴訟と給付金の請求について

B型肝炎訴訟は昭和23年から昭和63年までの間に、集団予防接種等での注射器の使い回しが原因でB型肝炎ウィルスに感染した人々が、国を相手として提起する国家賠償請求訴訟です。B型肝炎訴訟の流れは先ず弁護士に相談し、感染の証拠書類などを収集、訴訟を起こさなければなりません。

個人で訴訟することも可能ですが、実際は訴状の作成、裁判所への出廷などは弁護士に代行してもらうことがほとんどです。弁護士費用は国に一定額を負担してもらえます。そして裁判上の和解が成立すると、病態に応じて定められた給付金を受け取ることができます。

B型肝炎訴訟発症前と発症後の違い

集団予防接種の際の注射器の使い回しによりB型肝炎ウイルスに感染した場合、B型肝炎訴訟を起こして認められると国からの損害賠償金としてB型肝炎給付金が支払われます。

発症後の症状によって受け取れる給付金の金額には違いがあります。1つ気を付けて頂きたいのが、発症後20年未請求のままでいると受け取れる給付金が減ってしまうという事です。実は感染被害者とされる人数から考えるとB型肝炎訴訟を起こしている方はとても少ないのが現実です。

訴訟費用の心配をされている方も実は費用の一定額は国が補助してくれます。B型肝炎訴訟をお考えの方は是非早めに対応される事をお薦めします。

B型肝炎訴訟はいつまで可能なのか?

昭和23年から昭和63年までに幼児期の集団予防接種を受けられた方で、後にB型肝炎ウィルスに感染していることが発覚した方は、40万人以上いると言われています。これは、当時、予防接種において注射器が連続使用されていたことが原因で、厚生労働省はこれが原因でB型肝炎ウィルスに感染し、様々な症状を発症した方に対して給付金を支払うことを決定しました。

その請求がB型肝炎訴訟です。当初平成29年までであったものが、今年の法改正において5年延長されました。従って、B型肝炎訴訟の期限がいつまでかというと平成34年まで可能になりました。

B型肝炎訴訟、和解までに裁判所に行く回数はどのくらい?

B型肝炎訴訟から和解にかかる期間は約6か月から1年かかります。現在では様々な形がありさらに時間がかかることがあるといわれていますが平均ではこの日数になってきています。つまりB型肝炎訴訟で裁判所に通う回数というのは期間によって変わります。

平均日数であっても最新などにより裁判所に通う回数というものは変わってきますし具体的な回数は決まっていません。通う回数をできるだけ減らしたいというのであれば証拠書類の提出を完ぺきにすることが重要になってきます。そのために実績のある専門の弁護士に相談することが近道になってきます。

B型肝炎訴訟、給付金請求は専門家にお願いすべき?

B型肝炎訴訟は、集団予防接種等を受け現在も肝炎ウイルスに持続的に感染しているなどの要件を満たした場合に給付金が支給されるものです。給付金請求には必ず司法手続により和解や確定判決等が必要とされます。つまり支給要件に該当するか否かを裁判上で明らかにするわけです。

裁判は本人が成年被後見人等でない限り提起できないわけではありません。しかし、支給要件を証明するために何を収集すべきか、またどのような専門家の意見が必要か選択しなければなりません。B型肝炎訴訟の支給要件は1次感染と2次感染で異なっています。本人によるこれらの要件の証明が不可能ではないにせよ肝炎に苦しむ生活に関わる給付金ですから、しっかり専門家に証明して頂いた方がいいでしょう。

B型肝炎訴訟の手続きは自分でできる?

B型肝炎訴訟の手続きは、自分で行うこともできます。通常、弁護士でない人が訴訟を起こすには無理があります。しかし、B型肝炎訴訟の場合は、用意するべき書類が全て決められているため自分で行うこともできるのです。

ただし、決められた書類さえ揃えられれば、あとは自分で訴訟できると考えるのは安直です。B型肝炎訴訟の場合は、訴訟のための弁護士費用は給付金として後に支給されます。自分で証拠となる書類を集めるのは極めて困難な作業になるため、最初から弁護士にお願いして訴訟手続きをしたほうが手間もお金もかからずに済みます。

遺族も対象のB型肝炎訴訟

親が集団予防接種によるB型肝炎ですでに亡くなっていた場合、遺族がかわって B型肝炎給付金を受けとることができます。ただしご本人が亡くなっている場合では、必要な資料集めを行うのが難しいとされています。

そこで国では4パーセントを上乗した弁護士費用を支給しており、B型肝炎訴訟までの資料あつめから、和解まで 全面的にサポートしている弁護士に依頼することができます。

亡くなった方の場合、病死してから20年経ったか経たないかで、給付金は大きくことなり、20年経過していない場合は3,600万円、経過している場合は900万円となっています。そのため早めの手続きをご提案いたします。

B型肝炎訴訟に関する記事