悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

これから相続手続きをする際の注意点

最初に協議を行うのではなくて、相続手続きをする際の注意点として最初に準備をしておく事が挙げられます。相続手続きでは相続可能な物をすべてリストアップしたいですね。注意点は忘れている物が発生していないか確認する事です。

相続手続きの注意点をチェックしながら進める様にしたいですね。また、相続の権利を持つ人が全員集まった状態で相続手続きの話をするというのも注意点として考えられるでしょう。

これから相続手続きをする際の注意点としては、全員がなるべく平等になる様に考える必要があります。慌てて早くしようとするのではなくて、準備をして落ち着いた所できちんと協議を行える様にしたいですね。

親族が増えて困る相続手続き

相続財産の中に土地や家屋などの不動産があるの相続手続きは、他の相続手続きと比べて大変です。

不動産を相続した場合は、法務局で相続登記を行い名義を変更しければいけません。

相続登記は申請書、登記原因証明情報として被相続人および相続人の戸籍謄本や除籍謄本、遺産分割協議書、住民票、固定資産税評価証明書などが必要となり、さらに登録免許税が課税されます。

特に決められた期限はありませんが、相続登記をせずに放置しておくと、その間に相続人が死亡するなどして新たに相続が発生して相続人となる親族の数が増加してしまいます。そうなると手続きが複雑になりますし、売却契約を結ぶのも困難です。急いで手続きする必要はありませんが、落ち着いたら行うようにしましょう。

相続人保護のための遺留分相続手続き

相続が発生して、被相続人が遺言書を残していて、相続手続きで特定の相続人にすべての財産が相続されてしまう場合など、相続を受けられない法定相続人は、遺留分の財産をもらう権利があります。民法では、遺言により、家を失い生活ができなくなってしまう恐れのある相続人の保護のために、この制度を設けています。

この場合の相続手続きは、裁判所に自己に財産を返還するために遺留分減殺請求をして認めてもらわなければならず、相続開始から1年以内に行わなければなりません。法定相続人の配分割合も決まっていて、兄弟姉妹には認められていません。

相続相談して相続の手続きをなんとかしたい

相続相談して相続の手続きを何とかしたい場合には、ある程度のコストがかかることがありますが、良心的なサービスが提供されている相談先を見つけることがとても大事です。

近頃は、相続相談のポイントをマスターしようとする人が増えてきており、常日ごろから色々な立場の人から助言を受けることが望ましいといえます。

もしも、相続相談の手続きの進め方に関して迷っていることがあれば、複数の情報源を利用することはもちろん、腕利きの弁護士や司法書士などに相談をすることで、何時でも冷静に判断をすることがコツとして挙げられます。

遺産相続相談についての依頼相手について

遺産相続相談については、相続人の人数や財産の内容などによって、相談できる相手や相談の内容は異なってきます。身内だけでは話が難航したり、素人判断が難しいものもあるでしょう。スムーズに相続を行うためにも、相続問題に強い専門家の手を借りることをおすすめします。

遺産の相続の専門家は複数人いて、弁護士や司法書士、税理士、行政書士などの人達がいます。しかしながら、それぞれの専門家に何を依頼すれば、スムーズに相続手続きを進めていけるのか分かりづらい点もあります。相続するにあたって何がトラブルになってくるかを見極め、その点について焦点を当て依頼することがポイントとなります。

相続手続きは誰に依頼するべき?

相続手続きというのはものによっては非常に複雑で難しいため、専門家に相談することをオススメします。しかしそういった際に誰に相談したらいいのかという所が迷ってしまう所なのですが、もし相続手続きをする必要がある遺産が3600万円以上あるような場合には相続税を支払う手続きをしなければなりません。

しかしこの手続きに関しては司法書士しか作成することができない書類がありますので、はじめから司法書士に依頼することをオススメします。もし相続税などの縛りがない時には裁判になってしまってもそのまま依頼することができる弁護士が一番楽なのではないでしょうか。

相続手続き 大阪は困ったことがあったら司法書士に相談!相続問題や債務整理など解決に導くプロ。

相続手続きに関する記事