悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

司法書士で過払い請求

過去に5年以上消費者金融や信販カード会社と取引きがあった場合は、過払いが発生している可能性があります。

もし少しでもお金を取り戻したいのならば、過払い請求をするとよいです。過払い請求をする際に気をつけたいのは、個人信用情報についてです。過払い金で相殺して残債務が0の場合は、元々の貸金債務は完済したものと同じですから、個人信用情報に登録される可能性はほとんどありません。

ですが債務が残る場合は、自己破産情報が登録されるので、他の消費者金融から融資が受けられなくなるケースがでてきます。過払い請求をする際はこういったことにも気をつけましょう。

過払い大阪は大阪司法書士会所属そとやま司法書士事務所。借金問題の債務整理や個人再生、自己破産についてもご相談ください。

アクセスの良い大阪地下鉄南森町駅からすぐの場所にございます。お電話やメールでのお問合せご相談を受付中です。

過払いに向けて司法書士を探す

全体的な過払い金を取り戻す流れについて把握すると、自分で行うのはハードルが高いと感じる人が多い様で、多くの場合、司法書士などの法律家と共に行う場合が多い様です。

以前は過払いの相談をする際に、司法書士の知人やまたは広告などを参考にしていた人も多かったかと思われますが、現在ではネットがあるので、過払いに強い大阪の司法書士を簡単に探し出し、依頼につなげる事ができます。

しかし、大阪市内などの地域を限定しても、過払いに強い司法書士がたくさん見つかる事もあります。迷う事も多いと思いますが、ホームページの情報を参考にしたり、司法書士の無料相談を受けたりしつつ、ベストだと思われる人に過払いを持ち掛けたいですね。

司法書士に過払いについて質問

もちろん司法書士は過払いのプロですので、非常に専門的な事まで把握していると思われます。しかしながら、相談をする立場である私たちは、過払いについて知識が足りない部分もあると思います。

知っておく必要があると思われる部分について司法書士に質問すると教えてもらえる事もある様です。

つい司法書士に対して遠慮がちになってしまうという人もいる様ですが、過払いを解決して満足できる様になるためにも、司法書士に聞くべき点は質問しておきましょう。やはり自分で過払いのすべてを把握するのは難しいと思われます。過払いについて必要な事を把握した上で、司法書士に依頼をすると安心につながるのではないでしょうか。

状況を把握して借金相談に乗ってくれる司法書士

司法書士事務所にはいつでも借金相談に乗ってくれるところがあります。

24時間365日メールでの借金相談が司法書士にできるというのはとても便利ではないでしょうか。初期費用は無料で、費用が発生した場合にはローンでの返済も可能なので安心です。借金の過払い、多重債務でお困りの方にはおすすめです。

状況を把握し、適切な債務整理を行ってくれるので安心です。また、家への取り立てが厳しい方にはすぐに対応して取り立てをやめさせてくれますし、周りに知られたくない方には知られないように手はずを整えてくれます。プライバシーを守りながら迅速に債務整理をしてくれるので司法書士事務所はおすすめです。

内緒で過払い請求手続きを行う司法書士や弁護士

借金をしていても、その自体秘密にしている人もいます。特に家族に知られない様にしている人もいる様です。同居している家族であれば、郵便物を見たり、部屋の中においてある書類などを見て、借金をしていると分かってしまう可能性も高いでしょう。

過払い請求を行うと内緒に手続きを行う事ができないのでは、と思っている人もいるようですが、弁護士か司法書士を通す事で内緒にしたまま過払い請求を行うという事もできる様です。

基本的に司法書士や弁護士などの法律の専門家への借金相談を利用した場合には、債務者が行うべき事というのは特にありません。書類や電話は自宅に来ない様にお願いしておくといいでしょう。

そして、もちろん債務者が努めている会社にも内緒で行う事ができます。こっそりと行ってしまいたいですね。

過払いで残債がなくなるケースがある

過払いとは、違法な金利によって支払った払いすぎたお金です。法定金利に引き直せば元本に充当されていき、すでに残債が亡くなっているにもかかわらず支払っていたことになるお金が過払い金です。

これを請求すれば、現在残債が残っている方でも、借金がゼロになるうえ、手元にまとまったお金が戻ってくることもあります。そして、債務がゼロになるため、わざわざ債務整理をする必要もなくなります。この過払いが発生する条件は、グレーゾーン金利によって借り入れをしていた人で、長期間支払いをしていた人が発生している可能性があります。

弁護士 に過払いを相談する

過払い金が発生したのは、貸金業者が、利息制限法の上限を守らなかったためです。上限利率は、10万円未満を借りた場合には、年20パーセントの利率が上限です。10万円以上100万円を借りた場合は、年18パーセント、100万円以上借りた場合では年15パーセントです。

貸金業者に上限を守らなくても法律で罰せられなったために、利息制限法の上限を守らない貸金業者が横行しました。借入のある方が、すべて過払いがあるわけではありませんが、大阪には弁護士も多いですから5年以上取引がある方は、相談してみる方がいいと思います。

過払い金は取り戻せる、すぐに弁護士へ相談

過払い金とは、支払う必要がないのもかかわらず、貸金業者に多く支払ってしまう金額のことを指します。大阪でおなじみのナニワの金融道みたいな高金利の貸付の場合や長期において取引が続いた場合に発生しやすいです。

18パーセント以上の金利で5年以上の取引があると発生している件が多いです。もし覚えがあるのであれば、すぐに弁護士に相談しましょう。過払い金には時効があります。最後の取引をした日から10年が時効です。依頼するのに躊躇すると思うが、調査依頼をして有無で料金が発生するので、無い場合は無料で相談できます。まずは気軽に弁護士に相談することお勧めします。

過払いと司法書士に関する記事