悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

トラブルや相続問題などで弁護士は活躍しています。

悩んだときや困ったときに、信頼できる弁護士に依頼できれば、精神的にも安心するのではないでしょうか?

弁護士は、法廷に立つだけではなく、身近に起きる、トラブルや相続問題や、離婚問題など様々な分野で活躍しています。

また、法的な立場からのアドバイスももらえるため、早期解決へ向かう例も少なくありません。

相談の内容に合わせて選ぶ弁護士

弁護士法律事務所は敷居が高いと思われる方も多いかもしれません。しかし、弁護士が取り扱っている問題は、身近で起こりえる問題が多いのです。

例えば、金銭トラブルや交通事故の示談、相続問題や離婚問題などいつ起きてもおかしくないような問題ばかりです。

最近は気軽に相談できる法律事務所、弁護士が増えてきており、昼間だけでなく夜間や休日も相談の対応をしてくれるところが増えています。

他にも企業間取引や国際契約などビジネスに関する問題も相談に応じてもらえます。
弁護士の知識や経験で得意とする分野が異なりますので、相談の内容に合わせて弁護士を選ぶと良いでしょう。

分割払いができる弁護士

私たちの日常生活において弁護士に相談する機会は少ないかもしれません。

企業の場合は弁護士を利用している場合も多いですが、個人であればその機会も少ないかもしれません。

そして、個人で弁護士にお世話になる際は、借金に関する問題である事が多いようです。
もしくは、借金で悩んでいても相談費用がかかりそうだと諦めてしまっている人もいる様です。

しかし、最近では多くの弁護士が借金に関する相談の場合、分割払いができるようにしている事が多いです。

また、無料相談も行なっている事も多いので困った事があれば気軽に弁護士に相談したいですね。

過払いの話し合いでキャッシング業者は妥協案を出す

キャッシングの業者に提供を続けた過払いにあたる金額があれば、返還を受ける権利を示すことによって話し合いが進みます。司法書士に借金相談してキャッシングの業者に過払い分の請求を行うと、相手方が切り出す話題があります。

過払いに該当する金銭を受け取っていた事実を認める一方で、債務者が受けてきた恩恵を加味して減額措置を提案することです。

要求を飲めない場合は法的手続きを経て決着をつけるなどと語気を強めるのが常なので、借金相談を受けた司法書士は交渉に入ります。

たいていは先方が提示した妥協案に従うことになりますから、同意して借金相談を集結させます。

過払い金についての相談なら弁護士が最適

過払い金とは、法律で決められた利息の制限よりも、多く支払ってしまった利息のことをいいます。2010年までは、この法律があったにも関わらず、出資法という法律で貸付における金利の上限が利息制限法の上限よりも高いという食い違いが見られました。

そのため、それまでに金融業者などで借り入れをしていた人は利息を払い過ぎていることが考えられます。大阪で前述のようなことで困っている場合には、弁護士に相談すると良いでしょう。

個人で解決しようとしてもなかなか時間を要したり、知識が必要になったりします。過払い金についての実績が豊富な弁護士も多いので、探してみてください。

おすすめの弁護士、司法書士、法律事務所

弁護士法人みおの過払い金の調査サービス大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号ノースゲートビル オフィスタワー14F。

過払い請求について。

過払いについて

多重債務者を救う債務整理

多重債務で困った場合には、駆け込み寺として司法書士や弁護士といった職業があります。借金に関する問題を得意とする弁護士などは大阪など様々な地域に存在します。

彼らに相談することにより債務整理という借金の見直しを行うことができます。

「任意整理」、「民事再生」、「自己破産」の三種類が債務整理にあたります。これらはどれも一長一短なので、自分に合ったものはどれなのかということそもそも適用されるのかということを確認する必要があります。

ネットで調べることはできますが、専門的なことはわかりかねると思われます。無料相談を受け付けている事務所もあるのでまずは相談してみましょう。

債務整理の中でも敷居が低い任意整理

いくつかの種類がある債務整理ですが、なかでも任意整理は最も手軽にできる手続きとして知られています。これは債権者と直接交渉をして、借金の返済額や月額の返済額、返済期間などを決め直すことをいいます。

裁判所を利用しないのが大きな特徴で、必要書類なども極めて少ないので、利用しやすい手続きといえます。

さらに、任意整理は財産の内容などが全く問題にならない点もポイントです。家や車といった財産を所有していても、手続き完了後にそれらがなくなるという心配もありません。

また、それによって返済額が高くなってしまうこともないのです。

借金相談から自己破産までの方法

過払い請求や多重債務や任意整理や債務整理などの借金問題に悩む方にとって、問題解決というのは道のりが長く感じる場合もあるでしょう。

返済などに困り、誰かに借金相談したい時や、正しい解決方法が知りたい時に利用できる専門機関は、大阪などを中心に数多く存在します。

自己破産や任意整理、民事再生など債務整理、様々な方法がある中で、自分に適した方法を探し出すことは至難の業ですが、専門家の相談によって、無料で正しい知識を得ることができ、問題解決へ近付けることができます。

弁護士や行政書士など、複数の専門家が在籍している機関も多くあるため、無理のない解決方法を見つけることが可能です。

借金相談の際に必要な書類について

債務整理や過払い請求や自己破産などの借金相談を専門家から受ける際に、どのような書類が必要なのか理解していない方も多いのではないでしょうか?

弁護士や司法書士などの専門家に借金相談をした上で過払い金請求などをする場合に必要なのは身分証明書、借金をした相手方の業者との契約書、そして過去の取引について記載された利用明細や領収書です。

特に身分証明書については弁護士などが依頼を受ける場合は本人と面談するのが原則であるとされているので本人確認のために必ず必要になります。

そして実際に請求を行う段階で必要になるのが、取引履歴、利息制限法に基づいた引き直し計算書、過払い金返還請求書です。

このうち取引履歴は、引き直し計算書や請求書が仮に用意できなかった場合に取引履歴を元に引き直し計算を行ったり、業者側が保管している取引履歴の開示を求めることができるなど非常に重要度の高い書類です。

もし手元に用意できないものがある場合は相談の際に弁護士などの意見を聞いて適切に対応してもらうことが大切です。

弁護士に仕事を依頼する方法

弁護士に依頼するというと、依頼したことのない人には敷居が高いように感じます。しかし、少しのトラブルでも依頼することですぐ解決することが沢山あります。

ただ、いきなり法律事務所を訪れて事件を依頼することが出来ません。

大抵の法律事務所が喫茶店みたいに道路に面した1階に店舗を構えるのではなく、ビルの2階以上に店舗を構えるのは、飛び込みで入ってくる依頼者を拒む目的もあるからです。

そこで依頼する場合には、知人の紹介や行政の無料法律相談などを介して依頼しましょう。最後に気になる費用ですが、費用は各人が設定します。

しかし、弁護士会が定める標準価格に沿って決めているので参考にしましょう。

弁護士の法律事務所の在り方

弁護士の法律事務所は、その事務所における地位や役割を示す際に利用者が判断するための指標となるものであり、代表の名前が事務所名に示されていることが多いです。

一般的には、ボス弁、イソ弁、ノキ弁、パートナーなどあらゆる人が在籍しています。

これらの様々な専門分野を扱う方がいることが特徴であり、特定の専門分野のみを扱う事務所も、日本ではしばしば法律事務所と名乗っていることが多々あります。

しかし、企業法務や一般民事などを中心としていることもあるため、実態は弁護士事務所であることが、日本の特徴として考えることもできます。

弁護士について

相続手続きを円滑に進めるために

相続手続きをするには、それにかかる税のことをきちんと認識していなければなりません。なかなか素人では難しく、書類を用意するだけでも時間がかかってしまいます。大阪には、さまざまな相談事務所があります。

依頼といっても、弁護士や税理士など、誰に頼めばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。相続手続きに関する相談は、弁護士や税理士、司法書士、行政書士にお願いすることができます。

しかし、不動産の名義変更は司法書士、相続税の申告手続きは税理士など、職種によって行える範囲が違う場合もあるので、注意が必要です。

相続手続き、遺言書の作成について

相続手続きにおいて一番優先されるのは遺言書と言われています。ではその遺言書の作成というのは一体どのようにして行うのでしょうか?

実は遺言書は自分でも作成できるというのをご存じでしょうか?こういった自分で作成する遺言書を自筆遺言書と言います。

この際に気を付けなければならないのが全て自筆でないといけないという点です。最近ではワードやエクセルで普段表や文章を作る人が多いですが、遺言書作成の際にそれをやってしまうとその遺言書は無効になってしまいますので気を付けてください。

また作成の日付、サイン、封がしてあるということがとても大切になってきます。

相続手続きがもめてしまったら

相続手続きというのは必ずしも全てスムーズに行くと限りません。どちらかというと問題になったりトラブルに発展してしまうことの方が多いくらいです。

一体どのような案件で問題が起きてしまうのでしょうか?まずは遺言書がなかった場合です。

この場合には故人の意見は既にわからなくなってしまっているのでより難しいです。協議の際にお互いの意見が合わずもめてしまうことが多いようです。

基本T基本的には弁護士などを挟まなくてもいいことになっているのですがもしこういった関係が長引いてしまうことがあるようでしたらすぐにでも依頼して間に入ってもらうことをお勧めします。

相続手続きについて

遺言書作成におけるルールとは

遺言書作成にはちゃんとした書き方があります。相続問題を生み出さないためにも、しっかり、事細かく書く必要があります。

また、相続人がいないといった場合には、遺産は国のものとなってしまいます。

ですので、お世話になった方や知人へ相続させる方法もあります。普通の遺言書には3種類の作成方法があります。

一つ目は自筆証書遺言というもので、費用はほとんどかからなく、証人も必要ないのでいつでも簡単に書くことができます。

2つ目は公正証書遺言、3つ目は秘密証書遺言というものがあります。

こちらは作成にお金が必要となり、証人が2人いなければ作成できません。東京や大阪などにはこういった書き方を教えてくれる会社もあります。

周囲のためだけではない遺言書作成

遺言書と聞くと、遺産を巡った親族同士のいさかいを事前に予防しておくために作成するものと思われがちです。

もちろん、残される家族のために作成するものではあるのですが、遺言書を作成することのメリットは作成者にもあります。

たとえば、遺言書作成では財産目録を作成しますが、その際、現在所持している財産に一体どの程度の価値があるのかを把握できます。

もし、住んでいない不動産などがあれば、その運用を見直すいい機会になります。

また、遺言書作成は身辺整理をするということでもあります。物が片付いてすっきりとした人生を送ることにつながります。

遺言書作成には要件がある

自分が死んだあとに子どもたちが財産を巡って揉めるというのは嫌でしょう。そこで、遺言書作成を考える方がいらっしゃると思います。

しかし、遺言書として成立するには要件があります。1つめは遺言の内容や日付、遺言者の署名を全て自署することです。

パソコンで作成したものや、代筆してもらったものは無効になります。2つめは、日付を明記することです。3つめは、署名・押印をすることです。

4つ目は、加筆や訂正は決められた方式に従うことです。守らないと無効になるので、訂正がある場合は全て書き直したほうが良いかもしれません。

無効にならないように正しく遺言書作成をしましょう。

遺言書作成について

後遺障害における交通事故慰謝料

交通事故での後遺障害の慰謝料がどのようにして決定するのか、一般的には知られていないために、正当な交通事故慰謝料を受け取らずに解決してしまっているケースもあります。

後遺障害慰謝料の相場については、14段階に設定されている等級が元になっています。

加害者側に正当な慰謝料を支払ってもらう為には、この後遺症の等級と弁護士基準での支払いが必要になってきます。

この等級や基準をしっかりと踏まえて交渉にあたるべきと言えます。しかしながら交渉が難しい場合には、交通事故を得意としている弁護士に依頼することが、最適な手段と言えるでしょう。

交通事故慰謝料は増額も可能

加害者から被害者に支払われる交通事故慰謝料の額は、必ずしも被害者が納得できる額にならないこともあります。加害者の保険会社からの提示額が妥当であるのかは、一般の方ではわからないことも多いです。

提示された賠償金額に納得いかなければ、弁護士に相談することをおすすめします。弁護士は弁護士会基準で定められた額を加害者側に提示して請求をするので、保険会社から提示された額よりも多く、慰謝料や賠償金を受け取れることになります。

また、弁護士に相談することで10パーセントだった過失割合が、専門家の交渉の結果5パーセントになった事例もあります。賠償金で悩んでいるなら、弁護士に相談してみましょう。

保険会社が設けた交通事故慰謝料の基準

交通事故に遭ってしまったとき、個人で交通事故慰謝料の交渉をしようとしても、保険会社に受け付けてもらえないこともあります。

保険会社も営利企業なので、必要以上の慰謝料は支払いたくないものです。

保険会社では、任意保険基準という独自の基準を設けています。これは各保険会社によって異なりますので、同じ事例でも交通事故慰謝料に差が出る場合もあります。

交通事故被害者が自力で裁判を起こすことも可能ですが、保険会社にも法務部がありますから、法律に詳しくないと太刀打ちできないでしょう。

しかし、弁護士ならば裁判基準で交渉することが可能です。

交通事故慰謝料について

有効的に利用できる交通事故弁護士

交通事故の被害は思わぬ形で受けてしまうことがあり、交通事故弁護士の存在はそのような場合において有効利用できるケースが増えています。

被害者として適切に慰謝料請求をする場合、どうしても個人で全て対処しようとすると大変で、提示する慰謝料の内容が本当に妥当なものか判断できなかったり、どのような対処を進めれば良いのか分からなかったりすることもあるでしょう。

法律に基づいた判断や情報が取り入れられることで、慰謝料請求における正しい対処方法が見つけられると同時に、弁護士基準としての請求手続きが行えるようにもなり、通常より多い金額が支払われることもあります。

交渉を交通事故弁護士に任せて解決する交通事故

時には交渉して交通事故を解決しないといけない事もありますが、交渉に慣れた保険会社を相手に交渉するのは難しい事です。

そこで、交通事故弁護士に頼んで代わりに交渉してもらう事で、交渉しやすくなります。

交渉を必要とする交通事故において弁護士の存在価値は非常に大きいと考えられます。この先、交通事故の事で交渉しないといけないと感じたら、交通事故弁護士を探しておく事をおすすめします。

交通事故を弁護士に相談する事で、最終的に受け取る金額が増額される事もあります。

不明なまま受け入れてしまうのではなくて、交通事故の判断に問題がないか交通事故弁護士に確認してもらいましょう。きっと良い方向に向かう事でしょう。

予期せぬトラブル解決は交通事故弁護士におまかせ

交通事故は、誰にでも起こり得るトラブルです。予期せぬ状況で被害を被ったり、加害者になってしまったりすることもあります。また、当事者同士で意見が食い違ってしまうことも少なくありません。

警察は民事不介入が原則なので、よほど大きな事態に発展しない限りは仲裁に入ってもらうことも期待できません。そんなときは、お近くの法律事務所で交通事故弁護士に相談してみることをおすすめします。

自分の意見を主張して、正当な処置を取ることが可能になります。安全運転を心掛けて事故を起こさないのが一番ですが、いざという時の備えも怠らないようにしましょう。

交通事故弁護士について

B型肝炎訴訟、とにかく相談から

自分がB型肝炎ウィルスに感染していると分かったら、絶望的に感じるかもしれません。確かに、B型肝炎ウィルスに感染したことが原因で、肝がん、肝細胞がん、肝硬変、B型肝炎になり、亡くなる方もいます。

治療費はかかり、何がベストな治療法なのか、模索する日々が続くでしょう。悶々と考えてしまうかもしれませんが、まずは相談することで新たな一歩となります。

B型肝炎訴訟問題に精通している弁護士法人を探すといいでしょう。地域で弁護団を設立していることもあります。無料相談会や、弁護団によるホットラインで相談できる場合もあります。

B型肝炎訴訟に関する事柄

昭和23年から昭和63年までの期間で、集団予防接種を幼少期に受けたことのある人でも、注射器を連続して使用していたせいでB型肝炎ウィルスに感染した可能性の高い方達が、国に対して損害賠償を得るためにB型肝炎訴訟を始めました。

裁判所の仲介で和解の協議を進めていった結果、平成23年6月に国との間に基本的な合意がされました。

この先、提訴される方達への対応も含めて全体の解決を図るために平成24年1月13日から特定B型肝炎ウィルス感染者給付金などの支給に関する特別措置法で、裁判上の和解などが成立した方に対して、法に基づく給付金を支給する事になりました。

国を相手取るB型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟は、一般的には国を相手取って戦う訴訟です。戦う、と言っても最終的に和解をし、給付金を貰うことになります。B型肝炎訴訟で貰える給付金やその要件は、既に法律で定められています。

訴訟を起こす人は必ず和解し給付金を貰う、というルートを通ります。訴訟、と言うと「弁護士を頼まなきゃいけないのか?」と思うかもしれませんが、そうではありません。

納税の時も、税理士を雇う人もいれば、自力で勉強して申告を行う人もいます。この場合の弁護士も同じです。自分で調べることができ、申請書や手続き書類を自ら集められるならば、弁護士を雇わなくても良いのです。

B型肝炎訴訟について

子供の問題も扱う離婚弁護士

これから離婚をする人の中には、子供について相談する人も少なくありません。子供がいる夫婦にとって子供は何より大事な問題です。

離婚弁護士に相談すると親権や面会について決定できます。また、離婚弁護士に相談したい事柄として、慰謝料や養育費の問題もあります。

収入を得ていない人が離婚すると、経済的に困る事もある様で、子供がいるとなおさら経済的な問題に直面する事も考えられますので、離婚弁護士に相談する人もいます。

離婚弁護士は、離婚後も困る事なく生活できる様に対応してくれる事でしょう。一人で解決するのは肩の荷となっている人は、離婚弁護士に相談する事で気持ちの面において少し楽に感じられる事もあるでしょう。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

メニュー