悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

司法書士の力を借りて自己破産へ

自己破産というのは人生の終わりの様に感じているかもしれませんが、そんな事はありません。自己破産はしたくてもできない人もいます。自己破産は誰でもできる分けではなく、複雑な手続きを行う事はもちろんですが、裁判所の許可が必要になります。

ですので、自己破産でできない事があれば、すぐに司法書士などに借金相談をして力を借りる様にしましょう。司法書士は法律のプロですので、自己破産の手続きについても教えてくれますし、可能な範囲で代行してくれます。

司法書士は本当に心強い存在です。借金で困っている人は、司法書士に相談しないと前に進めない事もあるでしょう。司法書士と二人三脚で解決していきましょう。

少額の自己破産は司法書士へ

基本的に司法書士は140万円以下の少額の自己破産の対応を行う事ができると言われています。しかし、代理人になれませんので書類作成などが司法書士の主な自己破産の対応となる事が想定されます。

生活が厳しい人が失業するなどした場合には、少額でも自己破産をせざるを得ない事もあり、その場合には司法書士が活躍する事もあります。自己破産は重要な手続きですので、司法書士が書類作成を行ってくれると負担軽減につながる事でしょう。

少額の自己破産を司法書士に対応してもらうと、後の裁判所でのやり取りなどは自分で対応しないといけません。免責が下りる事が重要ですので、今後の事も考え真剣に取り掛かるようにしましょう。

自己破産と任意整理では司法書士が行える手続きが異なる

借金などの債務を整理するには、自己破産、個人再生、特定調停、任意整理の4つ方法がありますが、最も苦しい状況で行う自己破産と、債務整理の中でも最も簡単に行える任意整理とはでは大きな違いがあります。

前者は、裁判所が破産手続開始の決定(破産宣告)をして、免責(債務を免除する)を受けますが、ほとんどの財産を失います。この場合、司法書士が行える業務は裁判所に提出する書類を作成する事だけであり、依頼者の代理人となる事はできません。 後者は、裁判外で債権者との協議によって債務を整理する事です。この場合、司法書士はそれぞれの債務額が140万円以下であれば代理人として債権者との交渉を行う事ができます。

自己破産する前に過払いがないか司法書士に相談

借金を返済することができなくなってしまったときの解決方法に自己破産があります。これには信用情報に傷が付いたり、一定以上の財産を処分しなければならないなどのデメリットもあるため、他の方法でも解決できないか検討も必要になるため、司法書士に相談するのが良いでしょう。

2010年6月18日の法改正以前に消費者金融やクレジットカードのキャッシングでお金を借りていた場合、グレーゾーン金利が適用されている可能性があります。この金利で払い過ぎた利息は過払いと呼ばれ、返還請求で取り返すことができます。

その結果、借金がなくなったり、大幅に減額され、自己破産しなくても解決できることがあります。過払いの返還請求も専門家である司法書士に依頼すると手間がかかりません。

自己破産は最終手段です

多くの借り入れがあり、どうしても返済することが出来なくて、困っている方の為に、大阪自己破産相談センターがあります。相談センターでは、多重債務によって生活か成り立たなくなってしまった方に、無料で相談を受け付けています。どうしても返済することが出来ない方には、自己破産を進めています。

破産宣告をすると、多少実生活において制限がかかってしまいますが、借金を全てなかったことに出来るので、再スタートを切ることが出来ます。借金で精神的に追い込まれることも無くなりますし、普通の日常生活を送ることが出来るようになります。

司法書士に過払い請求は依頼できるのか

テレビのCMや中吊りなどの広告で過払い金は一般の人にも、広く認知されるようになりました。過払い金には期限が設けられていますので、焦っている人もいるでしょう。しかしながら弁護士に依頼すると、弁護士費用がかかってしまうことから、依頼を断念していた人も多くいるでしょう。

そのような経験がある人は、弁護士ではなく司法書士に依頼をおすすめします。深く知られていないことですが、140万円以下の問題であれば司法書士でも依頼できます。法律家であることに変わりはありませんし、弁護士に比べて費用も割安にすみますので、安心して依頼することができるでしょう。

過払いと司法書士に関する記事